導入事例

TOP > 導入事例 > ZENMU for PC採用理由

ZENMU for PC 採用理由

導入傾向

■ 働き方改革で、いつでもどこでもPCを利用したい

■ 暗号化しているかどうかの人為的ミスをなくしたい

■ ID/パスワード管理をなくしたい

■ 高額なVDIからコストパフォーマンスの良い製品にしたい

ZENMU for PC ご採用理由

無意味化による高セキュリティ

■ 原本データがローカルに保存されないため、端末を紛失しても情報が漏えいしない。

多要素認証(スマートフォン利用の場合

■ 1片を格納しているデバイスが無いとFAT環境にログインできない。

■ 結果的に2段階の多要素認証となる。スマートフォンの場合は、生体認証と個体認証。

利便性

■ 暗号化のようなパスワードは無く、管理する必要もない。(デバイスの管理は必要)

■ 利用者に暗号化を強制したりする事も無く、自動的に無意味化される。

コスト削減

■ 端末に設定するだけで使えるため、VPN装置等の設置コスト、運用コストが不要。

ネットワーク環境が不要

運用

■ ログイン後の操作は使い慣れたWindowsのままのため、特別なユーザー教育が不要。

他のソリューションとの比較

vs 暗号化

■ 暗号化は人為的ミスがあり、暗号化プロセスもパスワード管理も面倒。

■ パスワードが盗まれたら終わり。

■ データはパスワードが解かれるまでの間しか守れない。

■ 量子コンピュータなどの処理能力の向上で破られる危険性がある。

vs BitLocker

■ パスワード管理の管理が必要。パスワードが盗まれたら終わり。

■ データはパスワードが解かれるまでの間しか守れない。

■ ハードディスクのトラブルの場合は、全ての復元が不可能になる。

vs VDI(セキュリティ面での比較)

■ VDIは高価。

■ 構築に時間がかかる。

■ ネットワーク環境がないと利用できない。

■ サーバー環境や性能に依存する。

vs 遠隔消去(リモートワイプ等)

■ 遠隔からの消去は、100%ではない。

■ ネットワーク環境がないと利用できない。

■ データ消去後にPCが見つかっても、データは復元不可能。

 

▲ ページトップへ