導入事例

TOP > 導入事例 > ZENMU導入例

ZENMU導入例

衛生用品製造メーカー

概要

 業種  衛生用品・化学

 製品  ZENMU for PC

 構成 

    case z1

課題

シンクライアントを約2,000台配布。 海外出張者および介護アドバイザーの中で、 オフライン環境での業務遂行が多い社員、PCのパフォーマンス低下の課題解決を望む社員向けに、情報漏洩を引き起こさず、安全に情報をPCに保存し、持ち出させる方法を模索。

ソリューション

約300名の対象となる社員のクライアントへZENMU for PCを導入して運用。オフライン課題、パフォーマンス課題を解決。 CADや動画などを扱う社員へPCパフォーマンスの保証や、中国ばどへの出張者の持ち込みPCへの適応なども検討している。

総合印刷会社

概要

 業種  総合印刷業

 製品  ZENMU for PC

 構成 

    case z1

課題

シンクライアント環境を長年運用してきたが、営業現場においてローカルデータが扱えず 生産性に大きな課題となっている。ローカルのHDDドライブの暗号化も端末紛失時の情報漏えいリスクを免れないため十分な解決策とならないと定義している。

ソリューション

Windows10 IoTをベースにシンクラ端末におけるローカル領域を確保。USBメモリをキーとしたZENMU活用により、セキュリティを担保した安全な情報の持ち出しを実現、生産性の向上に寄与している。

鉄鋼製造メーカー

概要

 業種  鉄鋼業

 製品  ZENMU for PC
     ZENMU for Meister

 構成 

    case z3

課題

大手通信教育会社での契約者名簿不正持ち出し事件を教訓に、「システム管理」と「情報管理」の権限を分けることを真剣に検討。 また社内監査の結果、許可を受けていないファイルサーバーが多数分散して運用されていたのでこれを一掃し、統一することを決定。

ソリューション

ユーザー企業とZenmuTechで「システム管理」と「情報管理」を区分するアーキテクチャを策定。オープンイノベーションとして ZENMU for Meister を開発。分散アクセスキーがなければ 重要情報にアクセスできず、PCに格納した情報もZENMU for PCで漏洩から守る鉄壁の 情報管理を実現。

繊維化学メーカー

概要

 業種  化学製品・環境・医療

 製品  ZENMU for Delivery

 構成 

    case z4

課題

設計図面等機密性の高い情報を取扱うプロジェクトにて、データ送信に社内利用のファイル転送サービスを利用してきたが、セキュリティ対策が万全ではないと感じていた。送信先は国内だけでなく海外も含むことから、データがハッキングされる可能性を危惧していた。   

ソリューション

ZENMU for Deliveryを活用し、機密データを2つの分散片に秘密分散。社内利用のファイル転送サービスで一片を送付、もう一片をメールで送付し、受取先で二片が揃った状態で復号。分散片は無意味化されているため、万一一片が流出しても機密情報の漏えいを防ぐ。   

大手洗剤・トイレタリー製造・販売メーカー

概要

 業種  化学・化粧品

 製品  ZENMU for PC

 構成 

    case z7

課題

営業社員が社外でPCを利用する際には必ずVPN接続し、社内環境に入った状態で作業しているが、まだまだ持ち出しPCのセキュリティ対策が万全ではないと感じていた。VPN接続をさせた状態で、社外利用PCのセキュリティをより堅牢なものとし、情報漏えいを防ぎたい。

ソリューション

ZENMU for PCの仮想ドライブ機能、ZENMUモード機能を活用。ネットワーク切替ツールと連携し、社外ではVPNに自動接続し、社内環境を利用。分散片の一片を社内ファイルサーバーに格納し、Bluetooth接続のAndroidスマホに分散片のバックアップを格納。

総合ITベンダー

概要

 業種  総合ITベンダー・エレクトロニクスメーカー

 製品  ZENMU for PC

 構成 

    case z1

課題

シンクライアント環境を運用してきたが、外出時ネットワークに接続できない環境では業務が遂行できず、現場からクレームが上がっていた。PCからの情報漏えいリスクをなくし、高いセキュリティを維持しつつ、生産性、利便性を落とさない運用方法を模索していた。

ソリューション

社内VDI環境下で持ち出し用資料をZENMUドライブに保存。外出時は別アカウントでログインし、USBメモリをキーとしてアクセスすることで、堅牢なセキュリティを担保し、安全な情報の持ち出しを実現。生産性が向上。

陸運輸会社

概要

 業種  陸運輸業

 製品  ZENMU for PC

 構成 

    case z6

課題

社外に持ち出す際には共用の持ち出しPCを利用。外出先では、VPNを経由して社内ネットワーク環境に入る。持ち出しの度に申請が必要で柔軟性に欠けるため、個人利用の業務PCを、セキュリティを担保した状態で持ち出したいと希望していた。

ソリューション

営業社員個人の業務PCにZENMU for PCを導入して、外出時に運用。VPN接続で分散片の一片を社内ファイルサーバに格納し、分散片のバックアップを暗号化USBに格納。外出先でネットワーク利用不可の時にはUSBのバックアップデータを利用しデータを復元。   

地方銀行

概要

 業種  地方銀行

 製品  ZENMU for PC

 規模  渉外部

 対象  海外出張者

 構成 

    case z2

課題

国内渉外社員は持ち出しPCにシンクライアントを利用しているが、海外出張時にはネットワーク接続ができないケースが多く、現場からのクレームが多かった。海外出張時利用PCについて、利便性とセキュリティを兼ね備えた情報漏えいを防止するソリューションを検討。

ソリューション

海外出張利用のFAT PCにZENMU for PCを導入して運用。重要情報を仮想ドライブに保管し、PCとUSBで分散保管して管理。シンクライアントと異なり、ネットワークの無い環境でもセキュアに利用でき、利便性が高まった。移動時はUSBとPCを切り離して保管。   

独立行政法人

概要

 業種  独立行政法人

 製品  ZENMU for PC

 構成 

    case z2

課題

職員または外部から招聘した講師が講演を行う時には、講演専用共用PCを用いる。 同PCに講演者が発表資料を残したままにしておくと、万が一のウイルス感染による流出や不正搾取等のリスクがあるため、講演終了後は速やかに隔離したい。  

ソリューション

ZENMU for PCの仮想ドライブ機能を活用。 講演者の講演資料はZENMUにより秘密分散され管理される。講演時はPCにUSBを挿すことで資料が復元される。講演終了時はUSBを抜き資料が搾取されない状態にしたうえで、仮想ドライブを削除し、資料を消去。   

▲ ページトップへ