最新情報

ZENMUコラム

 
Vol.1

PCの盗難や紛失時、暗号化の証明できますか?

重要情報の入ったPCの万一の盗難や紛失...
BitLockerなどによる暗号化がされていれば、簡単に情報漏洩は起こりません。

でも、そのPC、本当に暗号化されていることを証明できますか?

暗号化は、簡単に破られるものではありませんが、暗号化は、一般的にはパスワードを利用しています。
パスワードを記憶するには、忘れることがない単純なものやパターン化されたものを選びがちです。また、複雑なパスワードは、手帳やスマホなどにメモを残すケースも少なくありません。

また、本当にパスワードをかけていた、暗号化していたという証明はできるでしょうか?
残念ながら、実物がない限り、証明のしようがありません。


ZENMU for PCは、データを無意味化してPCの内蔵ドライブとUSBやスマートフォンなどの外部ストレージで分散管理し、PCの仮想ドライブ上にデータを復元します。ファイルやフォルダは通常のWindows操作でアクセスできるため、ユーザーは特に意識することなく、オフラインでもPCの利用が可能です。PCと外部ストレージの接続が切れれば、PCには無意味なデータしか存在しませんので、情報漏えいの心配はありません。

PCの万一の盗難や紛失時、ZENMU for PCなら、分散片の入ったUSBやスマートフォンを持っていれば、PCには、無意味なデータしか残っていないので、そこから情報漏洩が起こることはありません。
手元にあるUSBやスマートフォンが、「情報漏洩事故が起こらない」というひとつの証明にもなり得るのです。

 

ZENMU for PC概要

トップへ

Vol.2

VDIやシンクライアントだけで、本当に大丈夫?

PCからの情報漏洩対策。一番は、PC内にデータを残さないこと。
VDIやシンクライアントの導入で、PC内にはデータを残さず、ネットワーク環境下で、社内サーバーやクラウド上のデータを利用することで、重要情報を守ることができます。


しかしながら、まだまだネットワーク環境が整っていない場所や低速回線しかつながらない場所も、少なからずあります。
そんな時に、作業ができずに生産性を下げていないでしょうか?
また、どうしてもPCを利用したいと人が、こっそり、別のPCで、データを持ち出してはいないでしょうか?
情シスが把握していない状況下で使われているシャドウーITや野良PC。せっかくのVDIやシンクラ化も、1台の野良PCにより情報漏洩事故が起こっては、すべてが台無しです。


ZENMU for PCは、データを無意味化してPCの内蔵ドライブとUSBやスマートフォンなどの外部ストレージで分散管理し、PCの仮想ドライブ上にデータを復元します。ファイルやフォルダは通常のWindows操作でアクセスできるため、ユーザーは特に意識することなく、オフラインでもPCの利用が可能です。PCと外部ストレージの接続が切れれば、PCには無意味なデータしか存在しませんので、情報漏えいの心配はありません。


AONT秘密分散技術を用いて無意味化されたデータは、分散片からだけでは、一部のデータを推測すらできません。
「PCにはデータを残さない」というセキュリティポリシーをお持ちの企業でも、無意味化データはデータとはみなさいという認識で、ZENMU for PCを導入しています。

 

ZENMU for PC概要

トップへ

 


 

 

 

▲ ページトップへ