最新情報

 

ZENMU for PC 4.2 、Bluetooth接続のスマホに分散

テレワーク環境の安全を確保!
データをPCとBluetooth接続のスマホに分散し
PCからの情報漏えいを「無」に
「ZENMU for PC」 新バージョンを提供開始

2018年9月4日


  株式会社ZenmuTech(ゼンムテック、以下、ZenmuTech:代表取締役社長 田口善一、東京都品川区)は、2018年9月4日より、データの無意味化により「情報の安全」を実現するオープン・セキュリティ インフラストラクチャ「ZENMU(ゼンム)」のPC版ソフトウェア「ZENMU for PC」の最新バージョン4.2を販売開始いたします。

  テレワークを推進し、「働き方改革」を一層進める上で、いつでも、どこでも、どんな環境でも、安心・安全なデータ利用が不可欠です。

  データを無意味化してPCの内蔵ドライブと外部ストレージで分散管理するZENMU for PCを導入すると、PCと外部ストレージを接続して初めてPCの仮想ドライブ上にデータが復元します。ファイルやフォルダは通常のWindows操作でアクセスできるため、ユーザーは特に意識することなくPCの利用が可能です。接続が切れれば、PCには無意味なデータしか存在しませんので、情報漏えいの心配はありません。

  最新バージョン4.2では、外部ストレージとして、Bluetooth接続されたスマートフォンが利用可能となりました。
スマートフォンとPCがBluetooth接続された状態では、PC内にデータが復元して利用可能ですが、一定距離離れて接続が切断されるとデータの利用ができなくなります。

 

PC4.2 01

図1. iPhoneのBluetooth接続で両方の分散片が合わさりPC上にデータが復元

 

PC4.2 02

図2.  iPhoneのBluetooth接続が切れるとPCのデータ利用が不可

 

  また、設定により、接続が切れたらPCの画面をロックできますので、表示中の画面から情報が漏えいする心配もありません。再接続すれば、継続して利用可能となります。

  通常のPCの使い勝手で、PCに重要情報を残さず、かつ、オフラインでも利用可能な環境を低価格で実現するソリューションとして、ZENMU for PCが選ばれています。

 

  ■ZENMU for PC 3つのポイント

 1. PC上のデータを無意味化して、一片を別の媒体に
 2. 簡単な設定と接続/切断だけで、使い勝手良く
 3. PCの盗難や紛失でも、情報漏えい事故にならない

 

 ■ZENMU for PC 導入メリット

 1.強固なセキュリティ
  PCと外部記憶装置に分散。それ以外の組み合わせでは復元不可
 2.意識しない安全確保
  通常のドライブ操作でユーザーデータが安全に保管
 3.オフラインでも利用可能 
  ネットワーク環境ない所や通信状態の悪い所でも快適に操作できる
 4.コスト削減
  高額なVDIやVPN接続などがなくても安全に利用可能

 

ZENMU for PCの概要は、こちら

▲ ページトップへ