最新情報

 

データ分散型仮想デスクトップソリューション
「ZENMU Virtual Desktop」特典付きβ版の提供開始

データ分散型の新発想仮想デスクトップソリューション
「ZENMU Virtual Desktop」特典付きβ版の提供開始

2019年6月14日

 

株式会社ZenmuTech(ゼンムテック、以下、ZenmuTech:代表取締役社長 國井 晋平、東京都品川区)は、秘密分散技術を利用してPCからの情報漏えいを抑止するデータ分散型仮想デスクトップソリューション「ZENMU Virtual Desktop」の正式リリースに先立ち、2019年6月14日(金)から、サービス品質向上及び機能改善に向けたお客様のフィードバックをいただく事を目的としたβ版の提供を開始いたします。

参加特典として、β版をお申込みいただいた上で正式リリースから1年以内にご契約の場合、初年度のご請求額より3か月相当分をお値引きいたします。

 

ZVD

ZENMU Virtual Desktop 概念図

 

 

■ ZENMU Virtual Desktop β版(評価版)提供概要

提供期間

2019年6月14日(金)~8月31日(土)

 

お申込み方法

‐ 専用サイトより、必要事項をご記入の上、お申し込みください。

‐ お申し込み後、担当者より、メールにてご利用方法をご案内いたします。

 

参加特典

β版をお申込みいただいた上で正式リリースから1年以内にご契約の場合、初年度のご請求額より3か月相当分をお値引きいたします。

 

クライアントアプリケーション動作環境

Windows 10 64bit Build 1709以降です。但し、Windows 10 64bit Build 1903は現時点で未対応です。

 

■ 「ZENMU Virtual Desktop β版(評価版)」お申込みサイト

     https://zenmutech.com/contact/contactinfo-zvd-beta

 

■ ZENMU Virtual Desktopについて

多様なワークスタイルの拡大に伴い、業務用PCの外部持出しは避けて通れません。
ローカルデータの情報漏洩対策には、様々なソリューションがありますが、「ZENMU Virtual Desktop」は、独自の秘密分散テクノロジーにより、ユーザーデータをPCとクラウド上に分散管理します。
既存の画面転送方式の仮想デスクトップ(VDI)や遠隔消去ツールのおける課題を解決する新しいローカルデータ保護ソリューションです。
オフライン環境で利用の際は、クラウド上の分散片をUSBやスマートフォンに同期して保管します。 ネットワークのつながらない場所でも、スマートフォンやUSBを接続することで、ユーザーデータの利用が可能となります。

製品情報は、こちら   https://zenmutech.com/products/zvd

 

▲ ページトップへ