プロダクト

TOP > プロダクト > ZENMU モード

ZENMU モード

PCの安全な社外持出しを可能に
ZENMU モード

ワークスタイル変革で働く場所を自由に選べても、PCの持出しによる情報漏洩リスクが課題となっています。

ZENMU for PCのZENMUモードを利用することで、重要情報は無意味化してPCと外部記憶装置に分散管理されるため、PCの盗難や紛失によりデータが流出しても、情報漏えいは起こりません。

「ZENMUモード」機能

「ZENMUモード」を利用する事により、分散しているデータが揃いZENMUドライブ(仮想ドライブ)が利用できる場合のみ、デスクトップ環境で業務を行う事が可能となります。分散データが揃わず、仮想ドライブが利用できない場合はデスクトップへのアクセスが制限され、意図しないローカルディスクへのデータ保存を抑止します。

図

「ドライブマスク」機能

ローカル環境のCドライブやUSBメモリ等外部媒体で利用するドライブレターの表示/ユーザアクセスを抑止します。ユーザは仮想ドライブのみ利用可能となり、意図しないドライブへのデータ保存や分散データ自体の削除などを抑止します。

図

仮想ドライブ(ZenmuPCドライブ)のみが表示。CドライブやUSBドライブなどは表示されません。

「フォルダーリダイレクト」機能

「デスクトップ」や「マイドキュメント」など、頻繁にアクセスする事が多いWindows標準のフォルダを仮想ドライブ上に移行(リダイレクト及び初回利用時は実データの移動)します。ユーザ操作は従来のWindowsと変わることなく、データをセキュアな仮想ドライブ上に保存する事が可能です。

図

「デスクトップ」や「マイドキュメント」のファイルは、すべて、仮想ドライブ(ZenmuPCドライブ、ここではE:)にリダイレクトされています。

ZENMU for PCについて

ZENMU for PCは、情報を意味のないデータに変換して分割(無意味化)した上で、分散片をPC内のストレージと外部ストレージに物理的に分散保管し、盗まれても情報漏えいにならない状態にします。

ZENMU for PCをインストールしたPCに、あらかじめ設定した外部ストレージを接続するとPC上にZENMUドライブ(仮想ドライブ)が生成され、PC内の分散片と外部ストレージに保存されている分散片から、情報が復元します。

▲ ページトップへ